試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

新生讃美歌515  静けき河の岸辺を

詞:ホレイショ・スパッフォード

静けき河の岸辺を
過ぎ行く時にも、
憂き悩みの荒海を
渡り行く折りにも、
心安し、神によりて、安し。

(新生讃美歌515)

数多くの賛美歌の中で、この賛美歌程静けさを歌ったものはない。然し、此の最も静かな賛美歌は、大火と遭難と子供逹の死という、人生の嵐が吹き荒ぶ中で書かれた。

ホレイショ・スパッフォード(1828~88)はシカゴの弁護士で、随分成功し、資産も多かった。長老教会の会員で、ムーディとサンキーの大衆伝道に協力する霊的な信徒であった。豊かで幸福な彼の家庭に、突然、長男の死が襲い掛って来た。次には、1871年のシカゴの大火で、莫大な投資をして買っていた不動産が烏有(うゆう)に帰した。

さらなる試練は、ムーディの英国でのリヴァイヴァルに協力するため、一家は1873年、ヨーロッパ旅行に出発した際に遭遇した。スパッフォードだけは急用で残り、妻と、タネッタ、マギー、アニー、ベシーの4人の娘達は「ル・アーブル市号」で出発した。11月22日、船は英国船「ロッヘルン号」と衝突。妻は奇跡的に助かったが、子供逹は4人共溺死したのだ。

スパッフォードはすぐにその現場へと向かった。 船が遭難現場に差し掛かり「悲しみはなみのごとく」(聖歌476)押し寄せる中で、この歌は出来たという。「たとい世の終りが来て、大空は巻き去られて、地は崩るとも、復活の希望に生きる『神によるみ民は』平安」と、詞の中で告白していった(4節)。

「平安」という題の絵画に、断崖の小枝に揺れる小さな巣の中で親鳥を待っている雛の図柄がある。イエス・キリストは、世の平安を超える「霊的な平安」を弟子逹に遺された。

山中猛士(1931-2018)

515 静けき河の岸辺を

最近の記事
  1. 「主はわたしのために、いのちを与えてくださいました。」(原詞:わたしはあなたにいのちを与えました。)との主からの呼びかけに応えて 新生讃美歌626「主はいのちを与えませり」

  2. 『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

  3. 試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

  4. 礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

  5. クリスマス(待降節)はアドベント賛美歌から始まります  新生讃美歌149,150番「来たれやインマヌエル」  

  6. 世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

  7. 「平和をあたえませ」と節ごとに歌う 新生讃美歌329「全能の神はいかずちも」

  8. キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

  9. 「慰めの(ケアーする)教会」(Caring Church)をテーマに 新生讃美歌「教会世にあり」

  10. イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「賛美歌解説」にて、4つ以上記事を作成してください。

オーディオプレイヤー
投稿が見つかりませんでした。

収録曲一覧カテゴリー

TOP
error: この記事は保護されています