青少年は対話する相手の存在を求めている

新生讃美歌8番 「主の呼びかけに」

クルト・ロンメルは、第2次世界大戦前、戦中という時代の中で学生時代をおくりました。大学入学試験の後に徴兵され、恐怖を耐え忍ぶ体験の中、終戦の年を迎えます。1945年にフランスで捕虜となった彼は、モンテペリエの捕虜収容施設で神学を学ぶという大きな幸運に恵まれます。

1947年に釈放された後、テュービンゲンとハイデルベルクで学びを続け、1951年に最初の神学の試験を受けます。バイヤースブロンとシェーンアイヒで、牧師補を勤めた後、1953年に2回目の資格試験を受け、1954年まで牧師補として働きました。後にフリードリヒスハーフェンとバートカンシュタット及びシュベニンゲンで牧師となります。

ロンメルは、牧師職に加えて、青少年伝道と音楽・文化教育の分野に従事しました。その後、1956年~60年に、ラーベンスブルグの地区青少年担当の牧師として働き、1963年にドイツ都市青少年担当牧師協議会の議長となります。同時期にドイツ プロテスタントの青年の音楽・文化教育委員会の一員として働きました。ロンメルは若いキリスト者との関わりを通して、青少年には親とは別の存在の対話する相手が必要であることに気づきました。このことを多くの著作に記しています。出典:Komponisten und Liederdichter des Evangelischen Gesangbuchs
(訳 富田詩生)

新生讃美歌ニュースレターNewSong 26号 (2009)

8 主の呼びかけに

最近の記事
  1. 「主はわたしのために、いのちを与えてくださいました。」(原詞:わたしはあなたにいのちを与えました。)との主からの呼びかけに応えて 新生讃美歌626「主はいのちを与えませり」

  2. 『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

  3. 試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

  4. 礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

  5. クリスマス(待降節)はアドベント賛美歌から始まります  新生讃美歌149,150番「来たれやインマヌエル」  

  6. 世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

  7. 「平和をあたえませ」と節ごとに歌う 新生讃美歌329「全能の神はいかずちも」

  8. キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

  9. 「慰めの(ケアーする)教会」(Caring Church)をテーマに 新生讃美歌「教会世にあり」

  10. イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「賛美歌解説」にて、4つ以上記事を作成してください。

オーディオプレイヤー
投稿が見つかりませんでした。

収録曲一覧カテゴリー

TOP