201-300

229 十字架のもとは

Beneath the cross of Jesus
Elizabeth C. Clephane, 1868
ST. CHRISTOPHER
Frederick C. Maker, 1881
1.
十字架のもとは心静か
嵐吹く荒れ野歩く時も
平和を与えて心満たし
苦しみ疲れも消え失せ行く
2.
十字架の上にみ子キリスト
私たちのため悩みながら
涙流しつつ罪をゆるす
はかり知られない愛の深さ
3.
十字架の影に身を休めて
光の主イェスを求める時
罪も悲しみも皆消え去り
輝く喜び満ち溢れる
Tr. (c) 2001 日本バプテスト連盟

最近の記事 おすすめ記事
  1. 「主はわたしのために、いのちを与えてくださいました。」(原詞:わたしはあなたにいのちを与えました。)との主からの呼びかけに応えて 新生讃美歌626「主はいのちを与えませり」

  2. 『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

  3. 試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

  4. 礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

  5. クリスマス(待降節)はアドベント賛美歌から始まります  新生讃美歌149,150番「来たれやインマヌエル」  

  6. 世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

  7. 「平和をあたえませ」と節ごとに歌う 新生讃美歌329「全能の神はいかずちも」

  8. キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

  9. 「慰めの(ケアーする)教会」(Caring Church)をテーマに 新生讃美歌「教会世にあり」

  10. イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「賛美歌解説」にて、4つ以上記事を作成してください。

TOP
error: この記事は保護されています