501-600

571 十字架を負いつつ

Jesus, I my cross have taken
Henry F. Lyte, 1824
ELLESDIE
Leavitt’s The Christian Lyre, 1831
Attr. Wolfgang A. Mozart; arr. Hubert P. Main
1.
十字架を負いつつわれらは進む
なやみも恥をも主のため忍ばん
この世の望みの消え去るときも
心はゆたけし主ともにませば
2.
なやみと苦しみわが身をかこむ
されども安きはただ主にあれば
すべてを捧げておそれはあらじ
試練のなかにも喜びあふる
3.
ときわのみ国に入る日をのぞみ
主イェスを信じて祈りにつとめん
わが主はみ手もて導きたもう
その日はま近しそなえよ常に
Tr. (c) 日本福音ル‐テル教会教会讃美歌委員会

最近の記事 おすすめ記事
  1. 「主はわたしのために、いのちを与えてくださいました。」(原詞:わたしはあなたにいのちを与えました。)との主からの呼びかけに応えて 新生讃美歌626「主はいのちを与えませり」

  2. 『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

  3. 試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

  4. 礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

  5. クリスマス(待降節)はアドベント賛美歌から始まります  新生讃美歌149,150番「来たれやインマヌエル」  

  6. 世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

  7. 「平和をあたえませ」と節ごとに歌う 新生讃美歌329「全能の神はいかずちも」

  8. キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

  9. 「慰めの(ケアーする)教会」(Caring Church)をテーマに 新生讃美歌「教会世にあり」

  10. イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「賛美歌解説」にて、4つ以上記事を作成してください。

TOP
error: この記事は保護されています