賛美歌解説

  1. 新着記事
  2. 曲解説

イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

曲解説

新生讃美歌 240番「救いの主はハレルヤ」この賛美歌 “Surrexit Christus hodie” の作者は不明ですが、14世紀につくられたラテン語の賛美歌で、その原型には、出典により異なるさまざまな節があります。これはイースターのミサの最後に歌われた “Benedicamus Domin

キリストの十字架以外に、誇とするものはない 新生讃美歌235番「栄えの主イエスの」

曲解説

新生讃美歌235「栄えの主イエスの」Isaac Watts (1644-1748)神学書や哲学書の他に、約600もの讃美歌を書き、その代表作として、マシュー・アーノルドから「英語讃美歌の中で最も美しいもの」と賞賛されたのがこの歌です。彼はまた、「英語讃美歌の父」とも呼ばれています。それは、当

福音讃美歌の中で親しまれてきた賛美歌 新生讃美歌230番「丘の上に立てる十字架」

曲解説

新生讃美歌230番「丘の上に立てる十字架」George Bennard(1873-1958)オハイオ州のヤングスタウンの炭鉱夫の一人息子として生まれ、16才で父を失い、母と4人の姉妹を養うことになったベナードは、苦学の末、24才で救世軍の士官となり、8年後には、メソジスト教会の牧師となりまし

「主によって召し出された民」を歌う賛美歌を求めて 新生讃美歌94「われらは主の民」

曲解説

新生讃美歌94「われらは主の民」教会という言葉を聞いて、建物としての教会や制度としての教会を思い浮かべる方もおられるかもしれません。しかし原語の「エクレシア」にその本来的な意味を辿ると、それは「主によって召し出された民」であります。さて、この概念を表した賛美歌がないことを嘆いている一人のアメリカ

TOP