世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

新生讃美歌200 諸人こぞりて

賛美歌 「Joy to the World! The Lord is Come(諸人こぞりて)」 は大いなる喜びを語る歌で、『共に喜び歌え、主を迎えて。主は正義と公正で全地を治める(裁く)ために来られた』と歌います(詩篇98篇8~9節)。

この賛美歌はクリスマスの時に最もよく歌われる賛美歌のうちの一つですが、イエス・キリストの誕生を歌ったものではありません。この歌詞はアイザック・ワットが詩篇98篇に基づいて書きました。この英語の歌詞は多くの言語に訳され、クリスマスにANTIOCHの曲で全世界で歌われています。しかし、このANTIOCHの曲で歌われ、最もよく知られている日本語の歌詞「諸人こぞりて」は、意味はよく似ていますが、アイザック・ワットが1719年に書いた「Joy to the World」の歌詞の日本語訳ではなく、フィリップ・ドッドリッジが1735年に書いた「Hark, the Glad Sound! The Saviour Comes」の歌詞の日本語訳です。この二つの賛美歌の言葉と意味はよく似ていて、どちらもほとんどクリスマスキャロルとしてしか歌われませんが、イエスの誕生についてのものではありません。ワットの歌詞は詩篇98篇に基づいていて、ドッドリッジの歌詞はルカによる福音書の4章18~19節でイエスが預言者イザヤ(イザヤ書61章1節)を引用した言葉に基づいています。ワットのオリジナルの歌詞には「The Messiah’s Coming and Kingdom(メシアの到来と王国)」、ドッドリッジの歌詞には「Christ’s Message(救い主のメッセージ)」というタイトルが付いています。どちらも、神の民が待ち侘びているキリストの再臨と御国の到来を歌ったものです。日本語訳はとても有名でほとんど全ての讃美歌集に載っていますが、両方のオリジナルの歌詞に含まれている「joy(喜び)」、「glad sound(喜びの音)」という言葉が日本語訳には含まれていないので日本語訳で歌うときは少し残念な思いです。

ローウェル・メイソンが編曲したこのANTIOCHの曲は「ヘンデルのメサイヤ」の抜粋に基いています。両方の曲がよく似ているので、「Joy to the World」と歌い出すとき、私たちは自然に「Lift up your heads」と心の中で歌ってしまうほどです。一番高い音から始まるこの簡単なメロディーは、「主がやって来られた!」という喜びの雰囲気を作り上げます。思わず「ハレルヤ!ハレルヤ!ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ!」と歌ってしまいそうです。

クリスマスには、イエスがこの地に人間としてお生まれになったことを喜びます。イエスが死なれ、復活され、今も生きておられることを喜びます。私たちは、イエスが公正と慰めと平和をもたらせるために来られたことを喜び、「Joy to the world, the Lord is come」、「Hark the glad sound, the Saviour comes」、もしくは「諸人こぞりて、いざ迎えよ」と歌います。私たちは、「主よ、御国が来ますように」と祈ります。

大谷レニー、翻訳:宇賀治潔 2010/11

200 もろびとこぞりて

 

最近の記事
  1. 「主はわたしのために、いのちを与えてくださいました。」(原詞:わたしはあなたにいのちを与えました。)との主からの呼びかけに応えて 新生讃美歌626「主はいのちを与えませり」

  2. 『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

  3. 試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

  4. 礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

  5. クリスマス(待降節)はアドベント賛美歌から始まります  新生讃美歌149,150番「来たれやインマヌエル」  

  6. 世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

  7. 「平和をあたえませ」と節ごとに歌う 新生讃美歌329「全能の神はいかずちも」

  8. キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

  9. 「慰めの(ケアーする)教会」(Caring Church)をテーマに 新生讃美歌「教会世にあり」

  10. イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「賛美歌解説」にて、4つ以上記事を作成してください。

オーディオプレイヤー
投稿が見つかりませんでした。

収録曲一覧カテゴリー

TOP
error: この記事は保護されています