『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

新生讃美歌56 「朝風しずかに吹きて」

詞:ハリエット・ビーチャー・ストウ 曲:フェリックス・メンデルスゾーン(『無言歌』〈慰め〉)

一年間で30万部売れた『アンクル・トムの小屋』(1852)で一躍有名になったハリエット・ビーチャー・ストウ (Harriet Beecher Stowe)(1811-96)は、19世紀後半に世界で最も著名となった女性の一人である。

ハリエットは会衆派の牧師の娘として生まれ、父が校長になったシンシナティの神学校のカルヴィン E・ストウ教授と結婚した。ストー教授は後にアンドーヴァー神学校の教授となったので、1874年に此の神学校を卒業した新島襄を教えたかも知れない。

ハリエットは夫や6人の子供の世話をする傍ら、本の執筆、奴隷解放運動のために、朝は4時半起きだったという。小鳥の囀(さえず)り、荘厳な日の出、神様の臨在。多忙な彼女にとって朝ごとの神との交わりが、40冊もの著書や、賛美歌や宗教詩の創作において、彼女の人生の基盤であり、生きる上の秘訣であり、エネルギー源であった。

ある朝彼女は詩編139編17, 18節に触発され、この詩を創作した。

「神よ、あなたのもろもろの思いは、何と私に尊いことでしょう…私が目覚める時、私はなおあなたと共にいます」。

(山中猛士 1931-2018)

56 朝風しずかに吹きて

最近の記事
  1. 「主はわたしのために、いのちを与えてくださいました。」(原詞:わたしはあなたにいのちを与えました。)との主からの呼びかけに応えて 新生讃美歌626「主はいのちを与えませり」

  2. 『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

  3. 試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

  4. 礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

  5. クリスマス(待降節)はアドベント賛美歌から始まります  新生讃美歌149,150番「来たれやインマヌエル」  

  6. 世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

  7. 「平和をあたえませ」と節ごとに歌う 新生讃美歌329「全能の神はいかずちも」

  8. キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

  9. 「慰めの(ケアーする)教会」(Caring Church)をテーマに 新生讃美歌「教会世にあり」

  10. イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「賛美歌解説」にて、4つ以上記事を作成してください。

オーディオプレイヤー
投稿が見つかりませんでした。

収録曲一覧カテゴリー

TOP
error: この記事は保護されています