礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

新生讃美歌504「まごころもて」

詞:レイ・パーマー、曲:ロウエル・メーソン

1830年、22才の青年のレイ・パーマーは神学を学ぶ傍ら、ニューヨークの私立女子高で教えていたが、1年間病気と孤独との闘いに明け暮れ、沈み込んでいた。或る夜、十字架の前にひれ伏す貧しい罪人を描いたドイツ語の詩を読んでひどく感動し、英語に訳し、4節から成る英語の詩を加えた。それが「まごころもて」である。

「この歌は、何の苦労もなく私の魂から溢れ出た。とても素直な気持ちだった。他人に見せるとか、まして礼拝で歌う賛美歌を作るなどの気持ちは、全く無かった。最後の行“Shall o’er me roll, Blest Savior, then in love, Fear and distrust remove; O bear me safe above, A ransomed soul!” (贖われし我が霊を安けく天に携え上げ給え) と書いた時、贖いと救いの全てがこの中に含まれ、永遠の賛美の主題が歌われていると感じ、とめどなく涙が溢れた」とパーマーは後に述懐している。

この歌はそのままパーマーのポケットに眠っていたが、2年後の1832年、作曲家ロウエル・メーソンから「何か良い歌詞はないかね」と聞かれたパーマーは、ポケットからこの詩を取り出した。メーソンも無雑作に受け取った。ところが、2〜3日後再び会うや否や、メーソンは興奮してパーマーにこう言った。
「パーマー君、君はこれから長生きし、大きな事を沢山するだろうが、私の考えでは君は後世に、『まごころもて』の作詞者として名を遺すに違いない。」

その言葉通り、この歌は礼拝や主の晩餐の歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられている。

(山中猛士 1931-2018)

504 まごころもて

最近の記事
  1. 「主はわたしのために、いのちを与えてくださいました。」(原詞:わたしはあなたにいのちを与えました。)との主からの呼びかけに応えて 新生讃美歌626「主はいのちを与えませり」

  2. 『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

  3. 試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

  4. 礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

  5. クリスマス(待降節)はアドベント賛美歌から始まります  新生讃美歌149,150番「来たれやインマヌエル」  

  6. 世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

  7. 「平和をあたえませ」と節ごとに歌う 新生讃美歌329「全能の神はいかずちも」

  8. キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

  9. 「慰めの(ケアーする)教会」(Caring Church)をテーマに 新生讃美歌「教会世にあり」

  10. イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「賛美歌解説」にて、4つ以上記事を作成してください。

オーディオプレイヤー
投稿が見つかりませんでした。

収録曲一覧カテゴリー

TOP
error: この記事は保護されています