キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

今日神様の世界で、私の果たすべき役割を

1966年の夏、アメリカ ノースキャロライナ州リッジクレスト・バプテスト・アッセンブリーに於いて、バプテスト・ユース・カンファレンス(ユースキャンプ)が行われました。そのテーマ“God’s World Today”に即して、講師であったエド・シーバゥ(Ed  Seabough ,1932-)がプログラム委員会の求めに応じて、その年の早春に作詞したものです。当時エド・シーバゥはユース世代から非常に支持されていたメッセンジャーでした。英語で書かれた原歌詞は、各節の最後を“my place In God’s world today. (今日あなたの世界に、私の役割を…)”と結んでいます。1966年のアメリカといえばベトナム戦争の頃…。若い参加者たちはどのような思いで賛美したのでしょうか。

EL DORADOはウィリアム・J・レイノルズ(William J. Reynolds)がこの詞のために同年作曲しました。シーバゥからの作曲依頼を受けた時、彼は第一バプテスト教会で行われる伝道集会の賛美リードのために、アーカンソー州エルドラード(El Dorado)にちょうど到着したところでした。滞在中に作曲したとのことで、曲名はそこに由来しています。また、心を一つにして、一致して賛美することを大切にしたかったシーバゥは「ユニゾンの曲にするように」という注文をつけていたといいます。

この賛美歌の「今日神様の世界で、私の果たすべき役割を…」という献身の祈りは、混迷を深める現代の私たちにも力強いメッセージとなって語りかけてきます。

新生讃美歌ニュースレター NewSong 26号 田中恵(直方)2009

645 すべてをくださる恵みの神

 

最近の記事
  1. 「主はわたしのために、いのちを与えてくださいました。」(原詞:わたしはあなたにいのちを与えました。)との主からの呼びかけに応えて 新生讃美歌626「主はいのちを与えませり」

  2. 『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

  3. 試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

  4. 礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

  5. クリスマス(待降節)はアドベント賛美歌から始まります  新生讃美歌149,150番「来たれやインマヌエル」  

  6. 世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

  7. 「平和をあたえませ」と節ごとに歌う 新生讃美歌329「全能の神はいかずちも」

  8. キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

  9. 「慰めの(ケアーする)教会」(Caring Church)をテーマに 新生讃美歌「教会世にあり」

  10. イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「賛美歌解説」にて、4つ以上記事を作成してください。

オーディオプレイヤー
投稿が見つかりませんでした。

収録曲一覧カテゴリー

TOP
error: この記事は保護されています