詩篇に基づいた、ドイツの新しい賛美歌

新生讃美歌 75番「陽(ひ)昇り 朝に目覚め」

詩篇に基づいた、ドイツの新しい賛美歌のひとつです。希望の光を受けて主を賛美する、明るい歌です。ドイツ・プロテスタント(ルター派)賛美歌集の代表は『プロテスタント讃美歌集』(Evangelisches Gesangbuch, 1993=EG) ですが、福音派の教会の歌集には『ゲマインデリーダー』(Die Gemeidelieder, 2003=GL)があります。
75番はペーター・シュトラォホ (Peter Strauch,1943生)の作詞、作曲ですが、後者の歌集にはシュトラォホ 関連の歌が16篇あります。福音派の牧師であり、1991年には同教派連合議長を務めたシュトラォホは、現代の主要な賛美歌作家のひとりであると考えられます。内12篇は彼自身の作詞,作曲なのです。どの歌詞も端正で気品に満ち、旋律も歌い易く書かれています。この曲も旋律の音域の幅が適切で、歌い易いと思います。彼には他に北欧語、アメリカのスピリチュアルからのドイツ語訳詞、またヨッヘン・クレッパーの歌詞に曲を付けたものもあります。

故 古澤 嘉生 NewSong11号(2006)

75 陽昇り 朝に目覚め

最近の記事
  1. 「主はわたしのために、いのちを与えてくださいました。」(原詞:わたしはあなたにいのちを与えました。)との主からの呼びかけに応えて 新生讃美歌626「主はいのちを与えませり」

  2. 『アンクル・トムの小屋』で著名なストウによる創作詞とメンデルスゾーンの曲で愛唱されている「朝風しずかに吹きて」

  3. 試練の中にあって書かれた賛美歌、神による平安を歌う 新生讃美歌515番「静けき河の岸辺を」

  4. 礼拝歌としてアメリカ3大賛美歌に数えられ愛唱されている賛美歌「まごころもて」 詞: レイ・パーマー

  5. クリスマス(待降節)はアドベント賛美歌から始まります  新生讃美歌149,150番「来たれやインマヌエル」  

  6. 世界中で歌われているクリスマス賛美歌 新生讃美歌200番「もろびとこぞりて」  

  7. 「平和をあたえませ」と節ごとに歌う 新生讃美歌329「全能の神はいかずちも」

  8. キリスト者としての使命を求める歌、新生讃美歌645番「すべてをくださる恵みの神」

  9. 「慰めの(ケアーする)教会」(Caring Church)をテーマに 新生讃美歌「教会世にあり」

  10. イースターの賛美歌「キリストはよみがえられて、今生きておられる」新生讃美歌240番「救いの主はハレルヤ」

記事一覧を表示するには、カスタム投稿「賛美歌解説」にて、4つ以上記事を作成してください。

オーディオプレイヤー
投稿が見つかりませんでした。

収録曲一覧カテゴリー

TOP
error: この記事は保護されています